コインランドリーを始める場合のポイントとは

main-img

コインランドリーを始める場合には、必ず資金が必要です。

資金がどれぐらい必要かを事前に調べておく必要がありますが、その規模によっても若干異なります。小型のコインランドリーで機械が10個ぐらいしか置けないようなところであれば1、500万円位のお金があれば十分でしょう。ただ、土地を購入して建物を建築する場合がそれぐらいのお金になりますので、場所を借りる場合には1、000万円もあれば十分でしょう。

コインランドリー情報が揃っています。

コインランドリーでお金がかかりやすいのは機械です。

機械は、乾燥機と洗濯機が必要になりますが、最近の傾向としては乾燥機の需要が高くなっているため、乾燥機を多めに置いているコインランドリーが多いです。



また、ランニングコストも考える必要があるでしょう。


初期費用にだけお金を使ってしまうと、意外にもランニングコストがたくさんかかるため、途中で赤字になってしまうことも考えなければなりません。


費用を集める場合は、自分で貯めた資金を使う必要があります。
もちろんお金を借りることもできますが、すべて借りたお金で運営すると、途中で経営が苦しくなるでしょう。
そのため、およそ半分は自己資金を用意した方が良いです。

最低でも500万円ぐらいは用意しておきましょう。

お金を借りる場合は、金融機関ではなかなか貸してくれません。

カードローンも利用できますが、事業資金の場合はカードローンでお金を借りることができません。



その場合には、金融公庫でお金を借りることができます。


コインランドリーの基本知識

subpage01

不動産投資の中でも近頃話題になって需要も増えているコインランドリー経営ですが、経営方法や立地条件などによっては失敗するリスクもあるため、あらかじめコインランドリーを経営開始する前に、好条件を満たしているかどうかを確認してから経営に踏み出した方が安全です。まず第一に、立地条件は重要です。...

more

コインランドリーを身に付けよう

subpage02

コンビニエンスストアが撤退したテナントなどにコインランドリーが入っていることを見かけることが多いでしょう。コインランドリーは周りに同様の店舗が出店していないのであれば、そのエリアの人からのニーズもあるので、安定した収益を得ることができます。...

more

コインランドリーの知りたい情報

subpage03

自宅には洗濯機がないという家庭の人であれば、全ての衣類を手洗いするのは大変であり、コインランドリーにある洗濯機を利用すれば大量にある衣類も一気に洗うことができます。また、長期旅行へ行った時には汚れた衣類がたまってしまいがちであり、日数分の衣類を持って行くよりもどこか途中で洗って清潔にすることができれば、たくさんの衣類を抱えて旅行に行くこともなくなります。...

more

コインランドリーのコツ

subpage04

近年、色々なところで注目されているのが副業です。アベノミクスによって毎年賃金が上がっている会社もありますが、それはごく一部で毎年の昇給も期待できず安い給料で働いている人も少なくないでしょう。...

more